ぷにぷに立山黒部旅行 2012-04-21

立山黒部アルペンルート・扇沢駅と朝焼けの後立山連峰
扇沢駅と朝焼けの後立山連峰
以前からぷに子に立山黒部アルペンルートの雪の壁を見せてやりたいと思っていたのだが、今回思い立って行ってみることにした。

旅行を計画したのは3月。出発の1週間前の現地の週間天気予報では旅行日の土日は雨マークになっていた。どうなるか心配していたのだが、土日が近づくに連れ奇跡的に立山黒部方面は晴れに変わった。

早朝の扇沢の車列
早朝の扇沢
前日の20日(金) は仕事から帰ったらごく軽い食事だけとって午後8時過ぎ就寝、午前0時30分起床。荷物を車に積み込み、ぷに子はパジャマのまま乗せて午前1時過ぎに尾張旭を出発。、東海環状自動車道から中央自動車道・長野自動車道で豊科まで走る。豊科からは国道で大町まで、大町からは県道45号で扇沢に向かう。山間に入ると前にも後ろにも車がまったくいない。街灯もなく真っ暗な道をビクビク走るとやがて前方に灯火が見えてきた。扇沢駅だ。午前5時ちょっと前に到着。

既に路肩に30台以上駐車していたが、これらはみな路駐で車を置いて出かける人たちだった。駐車場待ちをしていたのは1台だけ (^_^)。その方の後につけて駐車場が開くのを待つ間、その方からいろいろ情報を仕入れる。
「とにかく室堂までは始発を乗り継いで一気に行くべし」
というアドバイスを頂く。午前6時ごろ第1駐車場が開門。駐車して関電トロリーバスの切符売り場が開くのを待つ。駐車料金は1日¥1,000。

関電トロリーバス
関電トロリーとぷに子
06:15頃、切符売り場前に人が並び始める。7時少し前に販売開始。室堂往復チケットを購入。大人¥8,800×2、小人¥4,410 で合計¥22,010。クレジットカードが使えるのは助かる。

07:30 の始発の関電トロリーに乗車。登山・スキー・観光客でかなりの混雑だ。団体も入っており先頭車両に乗っているぷに子の向こうに見えるバスまでが全部始発だったらしい。人員輸送のほか、スキー・スノーボードや登山用大型リュック等大型荷物専用車両も2台出したとのこと。

氷結した黒部湖 (黒部ダムより)
氷結した黒部湖
07:46 黒部ダム着。駐車場でいろいろ教えてくれた方の少し後をひたすらダムまで早足で歩く。約15分で対岸に着き、黒部ケーブルカーの黒部湖駅に入る。

08:15 黒部湖駅発。このケーブルカーは全線トンネル内だ。かなりの急斜面をガンガン登る。レールの脇の溝を冷たそうな水が流れ落ちていく。08:20 黒部平駅着。ここで立山ロープウェイに接続する。

立山ロープウェイ黒部平駅より大観峰駅を望む
黒部平駅から見た大観峰駅
08:35 黒部平駅発。途中に中継塔がないのでちょっと怖い (^_^) けど絶景だ。ゴンドラ下は最大200mくらいあるとのこと。

ゴンドラから下をよく見てみると、風紋に加え雪崩の痕跡と人の歩いた跡およびスキーの跡があった。08:42 大観峰駅着。

立山トンネルトロリーバス
大観峰では別のトロリーバス「立山トンネルトロリーバス」に接続する。08:50 大観峰駅発、ずっとトンネル内を走って09:00 室堂駅着。

後で気づいたのだが、こんな時間に室堂に到着できる便はなかったはず (公式時刻表の4月21日の始発乗継では09:25室堂着)。全線開通後初めての土日ということで、混雑回避のため臨時便を増発していたみたいだ。

室堂から立山を望む
室堂から立山を望む
室堂駅から外に出てみる。一面の銀世界に雲ひとつない真っ青な空。出発した尾張旭とは全く別の世界みたいだ。

雪は粗いカキ氷をギュッと圧縮したような状態で、固い。真っ白な雪に日差しが反射してまぶしい。サングラスを持ってこなかったのは大失敗だった。すぐに目がチカチカして雪目っぽくなってくる。

室堂・雪の大谷
雪の大谷
一通り風景を堪能した後、雪の大谷散策に出かける。

今冬は大雪だったのでどれくらいの高さにになるか想像もつかなかったのだが、実際には立山黒部アルペンルート開通前の雨で溶けたらしく 17m だった。

それでも初めて実際に目にする「雪の大谷」は圧巻だった。

ぷにぷにソリ遊び
ぷにぷにソリ遊び
が、しかし。ぷに子にとっては花より団子、自然美よりソリ遊び。大自然の美しさよりソリ遊びの方が楽しいらしい。雪の大谷から室堂駅まで戻ると駅前にソリで遊べる広場があり、そこで初めて滑ったソリに大はまり。何度も上っては滑り、を繰り返す。このまま放っておいたらいつまでやり続けるか分からないということで、6・7回滑らせた後切り上げて扇沢に戻ることにする。

(以下続く)
関連記事
スポンサーサイト

theme : 旅行記
genre : 日記

tag : ぷに子

comment

Secret

プロフィール

Lambdaの徒然日記

Author:Lambdaの徒然日記
Lambda の徒然日記

あるいはぷに子の観察日記。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
月別アーカイブ
2017/09 (9)
  • 2017/08 (7)
  • 2017/07 (10)
  • 2017/06 (5)
  • 2017/05 (10)
  • 2017/04 (11)
  • 2017/03 (11)
  • 2017/02 (7)
  • 2017/01 (8)
  • 2016/12 (7)
  • 2016/11 (8)
  • 2016/10 (11)
  • 2016/09 (6)
  • 2016/08 (7)
  • 2016/07 (9)
  • 2016/06 (8)
  • 2016/05 (8)
  • 2016/04 (9)
  • 2016/03 (9)
  • 2016/02 (8)
  • 2016/01 (9)
  • 2015/12 (6)
  • 2015/11 (7)
  • 2015/10 (9)
  • 2015/09 (7)
  • 2015/08 (8)
  • 2015/07 (8)
  • 2015/06 (8)
  • 2015/05 (9)
  • 2015/04 (8)
  • 2015/03 (9)
  • 2015/02 (8)
  • 2015/01 (7)
  • 2014/12 (9)
  • 2014/11 (13)
  • 2014/10 (8)
  • 2014/09 (9)
  • 2014/08 (11)
  • 2014/07 (14)
  • 2014/06 (14)
  • 2014/05 (9)
  • 2014/04 (9)
  • 2014/03 (5)
  • 2014/02 (5)
  • 2014/01 (8)
  • 2013/12 (8)
  • 2013/11 (5)
  • 2013/10 (5)
  • 2013/09 (13)
  • 2013/08 (10)
  • 2013/07 (11)
  • 2013/06 (12)
  • 2013/05 (9)
  • 2013/04 (14)
  • 2013/03 (15)
  • 2013/02 (8)
  • 2013/01 (9)
  • 2012/12 (11)
  • 2012/11 (10)
  • 2012/10 (13)
  • 2012/09 (20)
  • 2012/08 (18)
  • 2012/07 (22)
  • 2012/06 (14)
  • 2012/05 (15)
  • 2012/04 (12)
  • 2012/03 (10)
  • 2012/02 (8)
  • 2012/01 (10)
  • 2011/12 (14)
  • 2011/11 (11)
  • 2011/10 (14)
  • 2011/09 (8)
  • 2011/08 (12)
  • 2011/07 (16)
  • 2011/06 (12)
  • 2011/05 (14)
  • 2011/04 (12)
  • 2011/03 (10)
  • 2011/02 (10)
  • 2011/01 (8)
  • 2010/12 (11)
  • 2010/11 (6)
  • 2010/10 (12)
  • 2010/09 (14)
  • 2010/08 (14)
  • 2010/07 (11)
  • 2010/06 (12)
  • 2010/05 (12)
  • 2010/04 (15)
  • 2010/03 (18)
  • 2010/02 (8)
  • 2010/01 (13)
  • 2009/12 (11)
  • 2009/11 (19)
  • 2009/10 (19)
  • 2009/09 (26)
  • 2009/08 (25)
  • 2009/07 (23)
  • 2009/06 (18)
  • 2009/05 (9)
  • 2009/04 (3)
  • 2009/02 (3)
  • 2009/01 (15)
  • 2008/12 (13)
  • 2008/11 (20)
  • 2008/10 (11)
  • 2008/09 (10)
  • 2008/08 (11)
  • 2008/07 (9)
  • 2008/06 (11)
  • 2008/05 (11)
  • 2008/04 (11)
  • 2008/03 (10)
  • 2008/02 (8)
  • 2008/01 (8)
  • 2007/12 (11)
  • 2007/11 (14)
  • 2007/10 (5)
  • 2007/09 (16)
  • 2007/08 (12)
  • 2007/07 (18)
  • 2007/05 (1)
  • 2007/03 (8)
  • 2007/02 (25)
  • 2007/01 (12)
  • 2006/12 (15)
  • 2006/11 (11)
  • 2006/10 (23)
  • 2006/09 (17)
  • 2006/08 (10)
  • 2006/07 (12)
  • 2006/06 (6)
  • 2006/05 (5)
  • 2006/04 (12)
  • 2006/03 (5)
  • 2006/02 (8)
  • 2006/01 (12)
  • 2005/12 (10)
  • 2005/11 (7)
  • 2005/10 (9)
  • 2005/09 (10)
  • 2005/08 (6)
  • 2005/07 (19)
  • 2005/06 (14)
  • 2005/05 (5)
  • 2005/04 (2)
  • 2005/03 (2)
  • 2005/02 (1)
  • 2005/01 (1)
  • 2004/11 (1)
  • 2004/09 (4)
  • 2004/08 (1)
  • 2004/07 (3)
  • 2004/06 (2)
  • ブロとも申請フォーム

    この人とブロともになる

    QRコード
    QRコード
    Twitter